歯科医院にある口臭測定器

歯科医院には、虫歯による痛みや歯が抜けてしまったなどの患者さんが多く訪れます。その中でも、意外と悩んでいる人が多いのが口臭です。自分ではなかなか気づきにくいですが、コミュニケーションの障害になってしまうこともあります。嗅覚というのは個人差があり、なかなか判断するのは難しいですが、歯科では測定器を使うことで客観的な数字として口臭のレベルを測定しています。測定といっても、息を吐き出すだけなので、痛みなどの不快な症状は一切ありません。先生に向かって息を吐くより、機械の方がストレスもなく、数字で結果が出るので分かりやすいです。

口臭が無くならない場合は診察

口臭対策にタブレットを使用したり歯磨きをしたりと努力しているのに、臭いが無くならない人が少なからずいますが、その場合は歯科で診察をすると解決するかもしれません。その原因には歯周病や虫歯を挙げることが出来ます。特に歯周病は隠れプラークで増殖し、気付かない間に歯茎に炎症を起こし臭いを発している可能性があり、人によっては何かが腐ったような臭いと表現するほどです。そのため歯科で診察を受け歯周病だった場合は適切な治療を行い、歯石取りや正しい歯磨き指導を受けることで歯周病を改善することが出来ます。口臭が無くならないと悩んでいる人は一度、受診をしてみてはいかがでしょうか。

↑PAGE TOP