保険の入れ歯と保険外の特徴

1度失った歯は、残念ながら再生することはできません。歯が抜けてしまった場合、選択肢の1つに挙げられるのが入れ歯です。それにも保険が適用するものと、保険外のものがあります。保険が使えるものは費用が安いのが最大のメリットです。素材はプラスチック、留め具は金属です。保険外の入れ歯は費用が高くなるものの、素材を自由に選択できるというメリットがあります。留め具も目立ちにくいものを選べるので、より自然に近い見た目にすることができます。

↑PAGE TOP