歯科ならではの口臭対策

歯科で、口臭予防に役立つオーラルケアを受けてツルッとしたきれいな歯になれます。ニオイを発生させるのは、虫歯になったり歯茎に炎症が起きて膿が溜まってしまったときばかりではなく、歯磨きが不十分でプラークが溜まってしまっているときもニオイを放つようになります。プラークは食べたもののカスでできているのではなく、細菌の塊によって構成されていてその数は何十億個物最近といわれています。バイオフィルムという集団を形成されてしまうと歯磨き程度では落ちにくく、歯周ポケットなどにも入り込んでしまいます。歯の表面に専用の薬剤を塗布して磨くことで、プラークを分解しやすい状態できるため歯科で効率よく口臭対策のためのオーラルケアが行えます。

歯科で口臭が治るの?

口臭の原因はさまざまですが、歯周病などが原因であることがあります。歯に歯垢や歯石がついていると、口臭の原因になります。歯科に通って歯を健康にしてもらうことで、ニオイがなくなる可能性はそれなりに高いです。ニオイの原因はさまざまなので、別のことが原因である場合には、歯科では治りません。とりあえず、定期健診を受けてみるのがよいでしょう。虫歯などがある場合には、ついでに治してもらえます。定期健診は、少なくとも3ヶ月に一度は受けておくのが理想です。歯は消耗品なので、なにもトラブルがなくても、予防のために受けておきましょう。

↑PAGE TOP