ブリッジによる歯科治療について

虫歯が悪化すると、通常の虫歯部分をドリルで削る治療では処置できなくなり、抜歯が必要になります。抜歯された歯の治療法の一つにブリッジによる歯科治療があります。ブリッジによる歯科治療の方法は、抜歯された歯の部分には土台が無いので、そのままでは義歯を入れる事ができないです。そんな時には、抜歯した隣の歯を削って、削った両隣の歯を支えとして、義歯を橋のように支える治療法です。この治療法の欠点は、健康な両隣の歯を削ることで、両隣の歯を傷つける事にあります。

歯科を上手に利用し健康生活

歯科医院と言うと歯が痛くなってから行くところと思っていませんか。昔はそうだったかも知れませんが、現在はお口の総合健康の役割を担っています。特に虫歯を未然に防ぐ予防には非常に効果があります。定期的なクリーニングの際に検診を行うことにより、トラブルがあったとしても大きくなる前に解決することが出来ます。虫歯の痛みは人間が感ずる痛みの中でも、最も痛いとされています。そんな痛みが発生する前に歯科に定期的に通い健康生活を送りましょう。

↑PAGE TOP